量質転化の法則とは? 意味をわかりやすく解説

science1

ビジネスにせよ勉強にせよ、何かの分野で成果を出すには、
「量質転化の法則」は知っておいた方がいいと思います。

なんだか難しそうな名前ですが、
実際にはそんな事はありません。

動画で、意味をわかりやすく説明したので、
ぜひご覧になってください↓↓

 

量質転化の法則とは

量質転化の法則とは、弁証法の法則の一種で、
以下のように定義されています。

量的な変化が質的な変化をもたらし、また質的な変化が量的な変化をもたらす。
(三浦つとむ著「弁証法はどういう科学か」より引用)

 

わかりやすく言えば、
量をこなすにつれて、質が上がっていく。
質が上がれば、量をこなせるようになっていく。

という意味です。

 

プロ野球選手を考えてみましょう。

プロ野球選手は、最初から野球が上手かったわけではありません。
子供のころからハードな練習をこなして、ようやくプロになれたのです。
(量→質)

また、レベルがあがれば、最初はきつく感じたハードな練習量も、
難なくこなせるようになれます。(質→量)

これが量質転化です。

 

ネットビジネス初心者が作業量をこなさなければいけない理由

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-03-PAK85_notepc20150319202127500-thumb-1000xauto-12216

量質転化の法則をネット起業(ネットビジネス)に当てはめてみましょう。

よく「初心者はたくさん文章を書きましょう」といわれていますが、
これは理由があります。

ネットビジネスでは、価値のあるコンテンツを作ることが重要なのですが、
最初から素晴らしいコンテンツはなかなか作れません。

しかし、たくさん文章を書いていけば、
徐々に質は上がっていき、
価値のある情報発信ができるようになります。

 

あるいは、最初のうちは1つの記事を書くのに
すっごい時間がかかると思います。
1つの記事を書くのに3時間かかるかもしれません。

しかし、たくさん文章を書けば、
徐々に文章を書くスピードは上がっていきます。
1つの記事を書くのに3時間かかっていたのが、
1時間で書けるようになります。

 

たくさん文章を書くことで、

  • 文章(コンテンツ)の質が上がる
  • 文章を書くスピードが上がる

だから、結果的に稼げるようになるわけです。

 

もちろん、ただ何も考えずに量をこなしても
質が上がるわけではありません。

少しずつ質を上げることを意識しながら、
量をこなすようにしてくださいね。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】