ここで差がつく! Web文章の推敲・編集の7つのコツ

suikou

 

文章を書き終えたら、すぐにそのままWEBにアップするのではなく、
推敲(すいこう)の作業をします。

推敲とは、簡単にいえば、文章の編集・見直しなんですが、
この推敲なくして良いコンテンツはできません。

今回は、推敲の7つのコツについて解説します。

動画はこちら↓↓

 

Web文章の推敲の7つのコツ

7つのコツとは以下のようなものです。

  1. 読んでて違和感を感じる箇所はないか
  2. 最初の1文を見て、続きを読みたいと思うか
  3. 主張には理由を添えているか
  4. 専門用語を多用していないか
  5. 日本語文法のチェック
  6. スマホで見え方を確認
  7. 書いてから1日以上おいて修正する

 

(1)読んでて違和感を感じる箇所はないか

まず、全体の文章をザーッと読みます。
そして、違和感を感じる箇所はないか?をチェックします。

たとえば、

  • 支離滅裂になっていないか
  • 冗長で無駄な部分はないか

ですね。

自分の文章を冷静に読み返してみると、
支離滅裂になっていることが往々にしてあります。

支離滅裂、つまり論理的にめちゃめちゃなんですね。

このような場合は、文を並べ替えてみることが1つの方法です。
文を前後に入れ替えてあげるだけで、
意味がすっきりすることはよくあるので、
ぜひやってみてください。

 

また、文章を読んでいて、
冗長で無駄な部分がないかをチェックします。

無駄な部分、つまり削っても意味を通じる部分は、
思い切ってバッサリ削ることも必要です。

一生懸命書いた文章を削ることはなかなかやりたがらないですが、
”削る”ことで文章のクオリティーが格段にあがるので、
勇気をもってやってください。

 

(2)最初の1文を見て、続きを読みたいと思うか

WEBでは、読者が最後まで自分の文章を読んでくれるとは限りません。

最初の1文がつまらければ、
サイトを閉じて離脱してしまうでしょう。

WEBの文章は、NOT READ(読まない)の壁を越えること、
つまり、いかにして読ませるかが重要になってきます。

具体的には、
ヘッドコピーや記事タイトルをもっと魅力的にできないか?を見直します。

最初の一文で読者を惹きつけて、
文章を最後まで読んでもらうように仕向けましょう。

 

(3)主張には理由を添えているか

主張には必ず根拠がいります。

たとえば、私は「ネットビジネスではコピーライティングが重要です!」と主張しています。
ネットビジネス経験者なら共感してもらえるとは思いますが、
そうでない人からすれば「なぜ?」と疑問に思うことでしょう。

読者が疑問を抱えたままだと、
あなたのメッセージは伝わりません。

読者の「なぜ?」に先回りして答えるために、
必ず理由を添えるようにします。

 

ちなみに、主張→理由という展開法としては、
PREP法が有名です。

 

(4)専門用語を多用していないか

文章を書いていると、
知らず知らずに専門用語を使っていることがあります。

たとえば、サーバーやドメインといった用語は、
ウェブに関わる者なら知ってて当然ですが、
一般人は知らないことが多いです。

読者の理解度を著しく下げるので、
なるべく専門用語は避けるようにします。

理想としては、
中学生が読んでも理解できるように書くことです。

 

(5)日本語文法のチェック

文章を読み直して、
日本語の文法がおかしいことが多々あります。

一番多いのが、主語・述語の呼応ですね。

くわしくは以下の記事を参考にしてください。

参考:読みやすい日本語文章を書く

 

(6)スマホで見え方を確認

最近は、スマホでネットを閲覧する人が増えています。

スマホで見て文字が小さすぎたりすると、
文章を読みにくいです。

サイトがスマホ対応していなければ、
必ず対応するようにしてくださいね。

 

(7)書いてから1日以上おいて修正する

推敲作業は、文章を書き終えた直後だけでなく、
1日以上時間をおいて再度おこなうのが望ましいです。

時間をおいて読み直すことで、
自分が書いた文章を客観視できるようになる
からです。

どうしても書いた直後は、頭に熱がこもっていて
冷静に推敲作業ができないことがあります。

あらためて数日後に読み返せば、
新たな発見がありますので、
できれば是非やってほしいです。

 

一流の映画監督は、鬼のように編集をおこうなう

man-with-laptop

いかがだったでしょうか。

正直、めんどくさいと思ったかもしれませんね。

 

しかし、文章の編集は、
文章を書くこと自体と同じくらい重要な作業だと私は考えます。

 

映画製作を考えてください。

映画は撮影して終わりではありませんよね!?
撮影してから必ず編集をします。

不要なシーンは、思い切ってカットします。
(たとえ、それが何十分あったとしても!)

お蔵入りになったシーンは数え切れないでしょう。

何度も何度も編集をして、
ようやく作品として世に送り出すわけです。

 

WEBの文章も、同じです。

時には、不要な部分はバッサリ削らなければいけないかもしれません。
最初のキャッチコピーを変更しなければいけないかもしれません。

何度も推敲して、ベストな作品に仕上げてくださいね。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】