コピーライティングにおけるGDTの法則とは?

copy4

 

反応が取れる文章が書けない!と嘆いていませんか。

一生懸命コピーを書いたのに商品が売れない・・
メルマガを送ったのにメールの返信が来ない・・
など
なかなか読者の反応を取るのは難しいですよね。

今回は、読み手の反応をあげるためのテクニックの1つとして
「GDTの法則」を紹介します。
(GDTフォーミュラとも呼びます。)

動画はこちら↓↓

 

GDTの法則とは?

GDTの法則の”GDT”とは、
人間の欲求を表した英単語の頭文字です。

  • The Three Greatest Human Goals(人間の3大目標)
  • The Three Greatest Human Desires(人間の3大欲望)
  • The Three Greatest Human Teasers(人間の3大本性)

 

人間の欲求は9つあり、それらを刺激すると
反応が高いコピーが書ける
というのがGDTの法則です。

では、それぞれ解説していきます。

 

Goals(人間の3大目標)

まずGoals(目標)ですが、これは

  1. Time(時間)
  2. Effort(労力)
  3. Money(お金)

の3つです。

人間は「時間をかけたくない、
労力をかけたくない、お金をかけたくない」と
常々思っています。

このTime(時間)Effort(労力)Money(お金)を
節約することが、人間の大きな目標です。

 

Desires(人間の3大欲望)

次に、人間の3大欲望として

  1. Greed(貪欲)
  2. Lust(好色)
  3. Comfort(快適)

があります。

Greedは貪欲という意味で、
富と名声が欲しいことが該当します。

Lustは好色という意味で、
男性だったら「モテたい」とか
女性だったら「美しくなりたい」とか
が当てはまります。

Comfortは快適という意味で、
苦痛から逃れて快適に暮らしたい欲求のことですね。

 

Teasers(人間の3大本性)

最後に、人間の本性として

  1. Scarcity(希少性)
  2. Curiousty(興味性)
  3. Controversy(反社会性)

の3つが挙げられます。

まず、人間は希少性があるもの弱いです。
たとえば、ダイヤモンドは突きつめれば単なる石ころですが、
希少性があるので価値があるとされます。

次に、人間は好奇心旺盛です。
連続TVドラマを観ていて
「続きが気になる」と思うのも、
いってみればCuriousty(興味性)を刺激されているからです。

また、人間は反社会的なものに敏感に反応します。
たとえば、以前「働いたら負けかなと思っている」というフレーズが話題になりました。
働くことを美徳とする多くの日本人は、
良くも悪くも反応したことと思います。

 

GDTの特徴

Goals(人間の3大目標)Desires(人間の3大欲望)Teasers(人間の3大本性)

以上の合計9つの要素をなるべく多く文章に散りばめると、
読み手の反応を取りやすいです。

このうちTが最も強力でGが最も弱いとされます。

(反応弱) Goals < Desires < Teasers (反応強)

 

NOT READの壁を越えるのに使える

GDTの法則は、NOT READ(読まない)の壁を越えるテクニックとしても使えます。

前々回お話ししたコピーライティング3つのNOTのうち、
「読まないの壁」が最難関でしたよね!?

そもそも文章が読まれなければ、
反応を取る取らない以前の問題です。
NOT READ(読まない)の壁を越えるためにも、
GDTの法則を使うのが有効です。

具体的には、セールスレター(広告文)のヘッドコピーとサブヘッドの部分に
GDTの要素を散りばめます。
そうすることで、きちんと読んでもらいやすくなります。

 

GDTの法則はよく使われているテクニックなので、
他の人のセールスレターを読む時は注意深くチェックしてみてください。

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】