コピーライティングの基礎 3つのNOTとは?

copy2

 

あなたは「コピーライティングの3つのNOT」を知っていますか?

3つのNOTとは、コピーを読む読者が常に抱えている心理的障壁のことです。

どんなにテクニックを駆使して一生懸命コピーを書いたとしても、
この3つのNOTを越えなければ、全く商品が売れません。

コピーライティング基礎講座の第二回目は、
「コピーライティングにおける3つのNOT」について解説します。

動画はこちら↓↓

 

コピーライティングにおける3つのNOTとは?

コピーライティングの3つのNOTとは、
読者が常に抱えている心理的障壁です。

3つのNOTとは一体なになのか?というと、

  1. NOT READ(読まない)
  2. NOT BELIEVE(信じない)
  3. NOT ACT(行動しない)

のことです。

では、1つ1つ説明していきます。

 

NOT READ(読まない)

読者は、あなたの文章を読みません。

たとえ徹夜で書き上げた文章であっても、
悲しいかな、自分の想像以上に読まれていないことが多々あります。

 

考えてみてください。

あなたは普段ネットにある記事を一言一句読むでしょうか?

・・読まないですよね。
お気に入りのブログであれば別ですが、
検索してたまたま訪問したサイトであれば、
パッと見て判断して読まないことも多いのではないかと思います。

 

コピーを読まれなければ、
当然セールスをすることができないので、
商品は売れません。

NOT READの壁は、コピーを書く者にとって
最初の関門です。

 

NOT BELIEVE(信じない)

では、NOT READの壁を越えて、
読者があなたのコピーを読んでくれたとしましょう。

次は何が起こるか。

読者は、あなたの文章を信じません。

 

このことも、自分が文章を読んでいる時のことを
思い出せば、容易に理解できます。

たとえば、ダイエットDVDの広告文に
「3日で10kg痩せます!」というような内容が書かれてあったら、
すぐに信じますか?

・・信じないですよね。
どこか胡散臭いと感じながら、
文章を読み進めるのではないかと思います。

 

読者があなたの言っていることを信用していなければ、
当然、商品を売り込むことは難しいです。

なので、このNOT BELIEVEの壁を越える必要があります。

 

NOT ACT(行動しない)

では、NOT BELIEVEの壁を越えて、
読者があなたのコピーを信じてくれたとしましょう。

次は何が起こるか。

読者は行動しません。

つまり、商品を買わないのです。

 

このことも、自分が広告文を読んでいる時のことを
思い出せば、納得できます。

あなたは、長い広告文を読んで購入ボタンまで辿り着いたのに、
結局商品を買わなかった経験はないですか?

・・きっと一度か二度はあると思います。
「商品に興味あるし信用できそうなんだけど、
最後の一歩で踏みとどまってしまう」のが人間の常です。

NOT READとNOT BELIEVEの壁を越えてきたのに、
最後の最後で読者が行動してくれなければ、これまでの努力が水の泡です。

なので、最終段階としてNOT ACTの壁を越える必要があります。

 

NOT READが最初にして最難関の壁!

以上の3つのNOT

  1. NOT READ(読まない)
  2. NOT BELIEVE(信じない)
  3. NOT ACT(行動しない)

を越えることが、コピーを書くうえでの前提だということでした。

 

では、3つのうちどれが一番重要なのでしょうか。

 

3つ全て!と言いたいところですが、
最重要なのはNOT READ(読まない)の壁です。

なぜなら、NOT READの壁を越えなければ、
NOT BELIEVEの壁もNOT ACTの壁も越えることができないからです。

読まれなければ、
信じてもらうことも行動してもらうこともできないため、
NOT READの壁を越えることに全神経を集中する必要があります。

 

米国の有名なコピーライターであるジョセフ・シュガーマンは、
こう言いました。

宣伝文の第一センテンスの唯一の目的は、読者に第二センテンスを読ませることである。

「全米No.1のセールスライターが教える10倍売る人の文章術」より引用

つまり、広告文の第一の目的は、商品を売り込むことではなく、
”読んでもらう”ことなんですよね。

 

読んでもらうだけでいいのか?と疑問に思うかもしれませんが、
実際のところ、NOT READの壁を越えれることさえすれば
NOT BELIEVEの壁とNOT ACTの壁は容易に越えることができます。

それだけNOT READ(読まない)の壁というのは、
最初にして最大の壁なんです。

ですから、あなたが文章を書く時は、
とにかく”読ませる”ことを意識してください。

極論を言えば、
コピーが読まれさえすれば、商品は売れますので。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】