コピーライティングの基礎 リサーチとターゲティング

copy1

 

コピーライティングで最も大事なものとは何でしょうか?

斬新なキャッチコピー?

小説家のような文章表現?

いいえ。コピーで最も重要なのは、
リサーチとターゲティング
です。

ここができていないと、どんなテクニックを駆使しても
売れる文章は書けません。

コピーライティング基礎講座の第一回目は、
「リサーチとターゲティング」について解説します。

動画はこちら↓↓

 

リサーチが重要である理由

コピーライティングで最も重要なものの1つがリサーチです。

理由は2つあります。

 

(1)リサーチをしなければ、そもそも文章が書けない

1つ目の理由は、リサーチをおこなわなければ、
そもそもコピー(文章)を書くことができないからです。

たとえば、あなたが男性で、化粧品の広告文を書くとします。

全くの知識0でスラスラ文章を書けるでしょうか?

 

・・書けないですよね。

リサーチせずにして、
女性が商品を欲しくなるような言葉を思いつくことは不可能です。

コピーを書く前に、自分が参入するジャンルについて
熟知しておく必要があります。

 

(2)見込み客が反応する言葉が見つかる

2つ目の理由は、見込み客が反応する言葉が見つかるからです。

たとえば、
加齢とともに肌が衰えていくのを気にしている女性が、
「-5才肌」という言葉を聞けば、反応するでしょう。

くすみやシミを気にしている女性であれば、
「透明感のある肌」というフレーズに反応するはずです。

このようなキャッチフレーズは、
知識ゼロの状態から思いつきで出たものではありません。

リサーチによって、見込み客が
何に悩んでいるか?
何を求めているか?
ということを理解しているからこそ
思いついた言葉で
す。

反応するフレーズを見つけるには、
しっかりリサーチをすることが大前提です。

 

具体的なリサーチの方法

では、具体的にどのようにリサーチをすればいいのでしょうか。

リサーチの種類は主に2つあります。

市場リサーチ

市場リサーチとは、文字通り、
自分が参入するマーケットのリサーチです。

美容であれば、美容マーケットですね。

 

リサーチの仕方は色々ありますが、
私がおすすめするのは以下の3つです。

  1. ヤフー知恵袋
  2. 本や雑誌
  3. インタビュー

 

商品リサーチ

商品リサーチとは、自分が販売する商品についてのリサーチです。

そもそも商品のことについて知らなければ、
その商品の強みや購入することのメリットを
伝えることはできません。

参入マーケットだけでなく、
販売商品についてもしっかりリサーチする必要があります。

アフィリエイトであれば、

  • 紹介する商品の販売サイトをしっかり読む
  • 実際に商品を購入して使ってみる

という方法が有効です。

一番良いのは実際に購入することですが、
資金に余裕がなければ、せめて販売ページを熟読することくらいはしておきます。

 

たった1人に向けてメッセージをおくる(ターゲティング)

letter

リサーチをしていれば、
おのずと自分の販売する商品の見込み客がわかります。

たとえば、
ほうれい線(シワ)を消すクリームを売るのであれば、
10代20代学生より40代50代主婦の方が買ってくれやすいのではないでしょうか。

もしそうなら、
40代50代主婦の誰かひとりに向かってコピーを書くようにします。

幅広いターゲット層に向けてコピーを書いた方が
取りこぼしがないから良いのでは?と思うかもしれませんが、
ターゲットを広げすぎると、反応は落ちます。

たとえば、あなたが手紙を受け取る時、
誰に向かって書いたかわからない手紙よりも、
あなた1人に向かって書かれた手紙の方がきちんと読むのではないでしょうか。

広告文は一種の手紙ですから、
全く同じことが言えます。

コピーを書く時は、必ず1人のターゲットに向けて書くようにしてください。

 

コピーライティングにおける3つのONEとは?

ターゲティングに関連して、
「コピーライティングにおける3つのONE」というものがあります。

ONE Market(1つの市場≒1つのターゲット)

ONE Message(1つのメッセージ)

ONE Outcome(1つの選択肢≒商品を購入してもらうこと)

ONE Market(ワン・マーケット)とは、
1つの市場、いいかえれば1つのターゲットを意味します。
美容市場であれば、美容商品の見込み客のことですね。

ONE Message(ワン・メッセージ)とは、1つのメッセージ。
あなたがターゲットに対して伝えたいメッセージを意味します。

ONE Outcome(ワン・アウトカム)とは、1つの選択肢。
ビジネスにおいては、お客さんに商品を購入してもらうことです。

 

これらの3つのONEが首尾一貫していることがコピーでは重要です。

たとえば、
ターゲットがぼやけていて、なおかつ、
メッセージがバラバラで、
しかも、どこをクリックして購入すればいいかわからないサイト。

そんなサイトから商品が売れるわけないですよね!?

コピーを書く時は、
1人のターゲットに対して、
1つのメッセージを届け、
最終的に商品購入ボタンをクリックしてもらう
ように
しなければいけません。

 

最後に

以上、
コピーライティングはリサーチとターゲティングが重要である
ということでした。

このリサーチとターゲティングができていないと、
これからお話しする文章テクニックが生きてきません。

面倒かもしれませんが、
コピーを書く前には必ず
リサーチをする、そしてターゲットを決める
ようにしてくださいね。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】