アフィリエイトで本名・住所などの個人情報を開示すべきか

kojin-joho

 

アフィリエイトをやる時に
本名・住所などの個人情報を開示すべきなのか、
疑問に思うかもしれません。

今回は、非常に大事なアフィリエイトと個人情報についてお話しします。

 

解説動画はこちら↓↓

 

アフィリエイトにおける個人情報の開示について

アフィリエイトでは個人情報の開示が必要なのか。

結論から言えば、基本的には個人情報を開示する必要はありません。

 

その証拠に、ネットのアフィリエイトサイトを幾つか見てください。
個人情報を載せているサイトがあまりないことがわかります。

もちろん一部では、運営者情報というページに本名・住所などを載せているサイトもあります。
しかし、サイトの信用度を高める目的で載せている場合がほとんどです。

アフィリエイトサイトに個人情報を開示する義務はありません。

私の場合、運営サイトにメールアドレスを載せていることはありますが、
本名・住所までは公開していません。

本名・住所を伝える必要があるのは、ASPに登録する際くらいです。
さすがにお金を受け取るのに、偽名ではだめですからね。

 

注意点

「基本的には」開示する必要はないと言いました。
しかし、例外はあります。

 

メルマガを発行する場合

サイトアフィリエイトの場合は個人情報の開示義務はありませんが、
メルマガでアフィリエイトする場合は、
特定電子メール法により住所・氏名・連絡先を開示する必要があります。

実際には遵守していないメルマガ発行者も結構いるのですが、
一応そういう決まりになっています。

 

JPドメインの場合

JPドメインとは、○○○.jpみたいに
末尾に.jpがつくドメインのことです。

ドメインを取得する際に、
JPドメインを選んだ場合、WHOIS情報に氏名・住所が公開されてしまうことがあります。
(WHOIS情報とは、簡単にいえば、ドメイン所有者や使用サーバーなどの情報です。)

後からWHOIS情報を再設定すれば問題ないのですが、
そういったことが煩わしければ、
最初から.comや.netといったドメインを選ぶのが無難です。

ちなみに、お名前.comなどの一部のドメイン会社では、
JPドメインじゃなくてもWHOIS情報に氏名が載ってしまうことがあるので気をつけてください。

 

以上の

  • メルマガを発行する場合
  • JPドメインの場合

は個人情報の取扱いには気をつけてください、
ということでした。

 

とはいえ、基本的には、
アフィリエイトをやっていて身元を明かす必要はありません。

過度な心配をせずに
取り組んでいただけたらと思います。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】