アフィリエイトサイトの記事数・文字数はどれくらいがいい?

kijisuu-mojisuu

 

アフィリエイトサイトの記事数はどれくらいがいいのか?
1記事あたりの文字数はどれくらいがいいのか?
と疑問に思ったことはありませんか。

ここでは、アフィリエイトサイトの記事数・文字数の目安を説明していきます。

 

解説動画はこちら↓↓

アフィリエイトサイトの記事数

サイトの記事数は、アフィリエイトのスタイルによって変わってきます。

たとえば、サイトを量産する場合。
1つ1つ時間をかけずにサクッと作る必要があるので、
1サイトあたり10記事程度でいいです。
(ただし、その代わりサイトを量産するので、
トータルで書く記事数は多くなりますが。)

一方、1つのブログを育てていくスタイルの場合
(いわゆるパワーサイトを作る場合)、
記事数は多くなります。
一般的にパワーサイトと呼ばれるものは、100記事以上あることが多いです。

 

アフィリエイトサイトの文字数

続いて、1記事あたりの文字数です。

これも一概には言えません。
記事の内容によって異なります。

 

たとえば、商品名+通販といったキーワードで記事を書く場合。
読者はすでに商品のことを、ある程度知っていることが前提になります。
なので、無駄に長く商品情報について書くのは、かえって不親切になります。
この場合は、文字数は少なくめで説明はコンパクトにして、
早めに商品を紹介してもOKです。

しかし、こういった購買意欲が高い人向けの記事は別として、
通常、1記事あたり1,000文字前後が目安です。

ある情報筋によれば、1,000文字以下の記事はSEOに不利であり、
検索エンジンに上位表示できないとすら言われています。

おそらく、1,000文字ないとダメというよりは、
一生懸命、読者のためになる情報を書いていれば、
それくらいの文字数になるという意味だと思います。

あるテーマについて詳しく説明する時、
少ない文字数で説明することは難しく、
どうしても文章は長くなってしまうはずです。

1,000文字といっても、
一生懸命、記事を書いていれば、自然とそれくらいの長さになるので、
あまり心配しなくても結構です。

 

記事数・文字数はあくまで目安

以上、アフィリエイトサイトの記事数・文字数でした。

1,000文字、100記事と聞いて、
委縮したかもしれません。

しかし、さきほども言ったように、
一生懸命、記事を書いていれば、自然とそれくらいのページ数・文字数になるので、
実際には大したことありません。

アフィリエイトでは、どれくらいの記事数・文字数を書けば稼げる
といった決まりはなく、
どれくらい読者にとって価値を提供できたかで報酬が決まります。

なので、あくまで記事数・文字数は目安にとどめ、
読者にとってためになる記事を書くことに注力していただければと思います。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】