サイトアクセス解析の方法・見方をはじめから丁寧に

access-kaiseki-houhou

サイトのアクセス解析は難しいと思っていませんか?

たしかに、解析画面を見ると、聞き慣れない言葉がたくさん出てきて
最初は戸惑うかもしれません。

しかし、いったん見方を理解すれば何てことはないので、
今回しっかりマスターしていただけたらと思います。

 

解説動画はこちら↓↓

アクセス解析の見方

無料アクセス解析ツールとして代表的なものは、
i2iとグーグルアナリティクスがあります。

i2iは初心者向け、アナリティクスはやや上級者向けです。

サイト運営初心者であれば、i2iが簡単なのでおすすめです。
慣れたら、より高度な解析ができるグーグルアナリティクスを
取り入れていってもよいでしょう。

【追記】
広告が出ないことから、現在はi2iよりも
アクセス解析研究所を最もおすすめしています。

 

では、アクセス解析の見方です。

 

(i2i ユーザー管理画面)
access-kaiseki1

PV(ページビュー)

PV(ページビュー)とは、ある一定期間に閲覧されたページの数です。

1日のPVが20であれば、
あなたのサイトは1日あたり20ページ読まれたということです。

ちなみに、平均PV数とは、訪問者1人あたりが閲覧したページ数の平均です。
平均PV数が6であれば、
訪問者は1人あたり平均して6ページ読んでいることになります。

PVが多ければ多いほど、それだけ”読まれているサイト”であり、
コンテンツの質が高い証拠でもあります。

 

UU(ユニークユーザー)

UU(ユニークユーザー)とは、簡単に言えば、純粋な訪問者の数です。

アクセス数といった場合、訪問者が1人であっても、
その訪問者が5回サイトを訪れれば、アクセス数は5になります。

一方、UU(ユニークユーザー)の場合、
同じ訪問者が5回アクセスしたとしても、UUは1のままです。
つまり、UUは、重複を取り除いた正味の訪問者数を表します。

 

PC・スマホの割合

サイトを閲覧するのに使っているデバイスの内訳です。

PCが9割スマホが1割であれば、ほとんどパソコンで読まれていることになり、
反対に、PCが1割スマホが9割であれば、ほとんどスマホで読まれていることになります。

 

検索キーワード

(i2i サーチワード)
access-kaiseki2

検索キーワードは、
SEO対策をするうえで欠かせない最も重要な部分です。

検索キーワードを見れば、
訪問者がどのようなキーワードであなたのサイトに辿り着いたか?
を知ることができます。

たとえば、「エンジェルハートリング 通販」というキーワードの数が多ければ、
「エンジェルハートリング 通販」というキーワードを打ち込んでサイトを訪れる人が多い、
という意味です。
この場合、そのキーワードの検索結果で上位表示している可能性があります。

もし上位表示しており、かつ商品が売れるのであれば、
そのキーワードはおいしいキーワードです。

同じキーワードで新しくサイトを作れば、
簡単に売上を増やすことができます。

 

直帰率

※i2iでは直帰率を解析できません。グーグルアナリティクスのみです。

 

直帰率とは、サイトを訪れて他のページを読まずに離脱した人の割合です。

たとえば、このページをはじめて訪れる人が10人だとしましょう。
10人中5人が、他のページを読まずに
戻るボタンをクリックして他のサイトに行ったなら、
直帰率は50%です。

直帰率が高ければ、
それだけ”読まれていない”と推測できます。
改善する必要があります。
(ただし、1ページで完結するサイトや
アフィリエイトリンクが貼ってあるページは別です。
その場合は、直帰率が高くても問題ありません。)

 

平均滞在時間(平均セッション時間)

※i2iでは滞在時間を解析できません。

 

平均滞在時間とは、訪問者1人あたりのサイト滞在時間です。
グーグルアナリティクスだと「平均セッション時間」という部分で表されます。

平均滞在時間が長ければ、それだけサイトが読まれていると推測できます。

 

新規率(新規セッション率)

※i2iには新規率の項目はありません。
「訪問回数」という項目で再訪問率を推測することはできます。

 

新規率とは、新規訪問者の割合です。
グーグルアナリティクスだと「新規セッション率」という部分で表されます。

新規率が70%であれば、新しくサイトを訪れた人が70%。
裏を返せば、再訪問してくれた人が30%いるということです。(再訪問率30%)

再訪問者(リピーター)が多ければ、それだけコンテンツの質が高いと推測できます。

 

アクセス解析からサイトを改善する方法

8203794182_8004f8f636_z

アクセス解析をすることで、
サイトの改善するべきポイントがわかります。

どのように軌道修正していけばいいか、
具体例を挙げます。

 

思わぬ検索キーワードで訪問している場合

サイトを運営していると、
自分が意図していないキーワードでアクセスがある場合があります。

たとえば、「ダイエットサプリ 通販」というキーワードでサイトを作ったのに、
「ダイエットサプリ おすすめ」というキーワードで来る人が多い場合。
なおかつ、商品が売れている場合。
「ダイエットサプリ おすすめ」は、ライバルが少ない穴場キーワードです。

そのキーワードでのSEO対策を強化する、
あるいは、そのキーワードで新しくサイトを作れば、

売上を増やすことができます。

 

PVが少ないor直帰率が高いor滞在時間が短い場合

  • PV(ページビュー)が少ない
  • 直帰率が高い
  • 滞在時間が短い

こういった場合は、サイトがあまり読まれていない可能性があります。

 

もちろん、1ページで完結するサイトや
アフィリエイトリンクが貼ってあるページなら問題ありません。

しかし、たくさん記事があり
他に読んでほしいページ(レビュー記事など)があるのに、
読まれていない場合は問題です。

この場合、
コンテンツを修正する、
全く画像がなければ画像を貼る、
あるいは本文の下に関連記事を表示させる
ことで、
改善できます。

 

最後に

いかがでしたか。

はじめての人にとって、アクセス解析は面倒に感じるかもしれません。

しかし、サイト運営するうえで必須の作業なので、
最低月1回はおこなうようにしたいですね。

 

特に、アクセス解析の検索キーワードでは、
ライバル不在のお宝キーワードを発掘できることがあるので、
要チェックです。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】