1つの独自ドメインで複数のサイトを運営する方法

domain-hukushuu

 

独自ドメインでウェブサイトを運営すると、
サイトの数だけドメイン代がかかります。

サイトを運営する以上、ドメイン代がかかるのは仕方ありませんが、
どうしても出費を抑えたい場合は、
1つの独自ドメインで複数のサイトを運営する方法もあります。

解説動画はこちら↓↓

 

1つのドメインで複数のサイトを運営するには?

サイトをアップロードできる場所は、
ルートドメイン、サブドメイン、サブディレクトリの3種類あります。

 

ルートドメイン

yousuke3.com

ルートドメインは、最も基本となるドメインです。

私のブログであれば、yousuke3.comがルートドメインになります。

通常、この形でサイトを運営します。

 

サブドメイン

sub.yousuke3.com

サブドメインは、文字通り、サブのドメインです。

ルートドメインの直前に英数字.を付け足すことで、
新たにドメインを作れます。

サブドメインは、ルートドメインとは別のドメインとして認識されます。

 

サブディレクトリ

yousuke3.com/sub/

サブディレクトリは、ルートドメインの直下に置くディレクトリです。

ffftpソフトなどでドメイン内にフォルダを追加すれば設定できます。

サブドメインは、ルートドメインと同一のドメインとして認識されます。

 

以上のように、
ルートドメインは1つだけですが、
サブドメインとサブディレクトリは無数に作れるため、
1つのドメインで複数のサイト運営が可能です。

 

1つのドメインで複数サイトを運営する場合の注意点

サブドメインとサブディレクトリの作れる数は無制限なので、
やろうと思えば10個でも20個でもサイトを量産できます。

しかし、それでも、
せいぜい3つまでにした方がいいと考えます。

なぜなら、SEOに良くないからです。

 

同じキーワードで検索結果に表示されるのは、
1ドメインにつき2ページまでといわれています。
(もちろん、グーグルのアルゴリズムによって変化するので、
一概には言えませんが。)

仮に同じジャンルのサイトを5つ作ったとしても、
同じルートドメインなら、
検索エンジンには2つしか表示されないことがあり得ます。

なので、同一ドメインで複数サイトを運営する場合は、
ルートドメインに1つ、
サブドメインに1つ、
サブディレクトリに1つ、

くらいに留めておいた方が賢明です。

いくらドメイン代を節約できたとしても、
最終的に利益があがらなければ意味がないですから。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】