会社が倒産したからネットビジネスで稼ぎたい!

sagasu

こんにちは、ヨースケです。

私はお酒が好きでよく飲みにいくのですが、
先日、ちょっとしたビックニュースがありました。

数日前、仲の良い知り合いLさんと飲み行った時の話です。

乾杯するなり、唐突にこう言われました。

 

 

「会社が倒産した・・・」

 

 

「え!?」

 

一瞬、冗談かと思いましたが、
表情から察するに冗談ではないことが
わかりました。

Lさんは決して若くありません。

一般的に
20代であれば、再就職できる可能性は高いです。

しかし、Lさんは結構いい歳なので、
会社が倒産したとして、再就職先はあるのか心配です。

「再就職はあるのですか?」

と聞いてみました。

すると、

運よく転職先が見つかったそうです。

不運の中の幸運でした。

もし転職先がなかったら、
無職になって路頭に迷っていただろう、と話していました。

 

会社に収入を依存することに危機感を感じたようで、
私がやっているネットビジネスにすごく関心を示すようになりました。

万が一、会社が倒産しても、
自分でネットで稼ぐことができれば、何とか食っていけますからね。

 

Lさんは条件を出してきました。

「会社員だから、あまり作業時間は取れない」

「なるべくお金をかけたくない」

「なるべくほったかしで稼ぎたい」

 

これらの条件を満たすネットビジネスとなると、
私がおこなっているサイトアフィリエイトしかありません。

私がサイトアフィリエイトのことを説明すると、

「記事を自分で書きたくない」

と言いました。

もちろん、外注に依頼すれば、
自分で記事を書く手間は省けます。

しかし、外注であがってきた記事を添削するのは自分です。
自分で記事を書いた経験がなければ、
他人の記事を添削することはできないので、
やはり初心者のうちは、自分で記事を書く経験は必要です。

なので、最初から自分で記事を書かないというのは
難しいと言いました。

それでも、やはりLさんは記事を書きたくないそうです。

 

・・・結局、Lさんは楽して稼ぐ方法を求めているのだと思いました。

 

残念ながら、この世に
楽して稼ぐ魔法の方法はありません。

アフィリエイトにせよ、せどりにせよ、PPCにせよ、
最初のうちは作業量が求められます。

もちろん、ある程度、作業量をこなせば、
働かなくてもお金が入ってくる仕組みができあがります。

しかし、それは作業量を乗り越えた者だけに与えられるご褒美であって、
最初からそのような仕組みを作ることはできません。

私も現在では自動でお金が入る仕組みがありますが、
それは、せっせとサイト作りをしてきた末に得たものです。

 

逆説的ですが、

楽して稼ぎたいなら努力をしなければいけないのです。

 

このことがLさんにうまく伝わったかは知りません。

しかし、少なくとも、
これからネットビジネスで稼ぎたい人には
まず理解してもらいたいことです。

 

今の時代、
いつ会社が潰れるのかわかりません。

自分の身を自分で守るためにも、
いまから準備をしておきたいですね。

 

PS

ちなみに、有料でコンサルをやっている手前、
いくら親しい友人でも、具体的なノウハウを教えたり、
具体的なアドバイスをすることはありません。

せいぜいアフィリエイトの概要を教えて、
「じゃあ、あとは自分で勉強してね」と言うだけです(笑)

そこは一線を引いていますので、ご安心ください。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】