年収1億以上!? 人気ユーチューバーの収入ランキング一覧!

Youtuber(ユーチューバー)とは、Youtubeに自分が撮影した動画を投稿して、
広告収入を得ている人たちのことを指します。

近年では、小学生がなりたい職業にランクインするなど、
ユーチューバーに対する注目度は集まっています。

果たして彼ら(彼女ら)は一体いくらくらいの収入を得ているのでしょうか。

人気ユーチューバーの年収を調べてみました。

 

Youtuber(ユーチューバー)の年収ランキング TOP10

※参照サイト:tuber-town.com

※企業のチャンネルは除外して、
顔出ししている個人のユーチューバーに限定しました。

 

第1位:ヒカキン

推定年収1億934万229円

ユーチューバーといえば真っ先に思いつくのがヒカキンではないでしょうか。
知名度もさることながら、収入もずば抜けていて
推定年収は1億以上だとされています。

ヒカキンは、ゲーム実況動画のHikakinGamesと面白ネタ動画中心のHikakinTVの
2つのチャンネルを所有しています。
それぞれのチャンネルの推定報酬が約5千万円あり、
合算すると1億円にもなります。

さらに、Youtubeの広告収入以外にも、
企業のスポンサー広告や本の印税などもあるので、
実際の収入はもっと多いかと思われます。

 

第2位:はじめしゃちょー

推定年収7,161万8,681円

ヒカキンと並ぶ人気ユーチューバーの一人が、はじめしゃちょーです。

高身長でイケメンであることから女子からの人気が高そうですね。
動画の内容は、コーラの風呂に体にメントスを貼りつけて入れるなど、
かなりぶっ飛んだネタばかりです。

くだらないことを全力でやる。
だから面白いし、ファンがつくのだと思います。

さすが社長(しゃちょー)だけに収入もすごいですね。

 

第3位:マックスむらい

推定年収6,453万2円

マックスむらいも、比較的有名なユーチューバーです。
(以前、YoutubeのオフィシャルCMに出演していました。)

ヒカキンやはじめしゃちょーに比べて、見た目がややオジサン(失礼!)ですが、
まだ34歳だそうです。(私とあまり変わりません。)

ユーチューバーだけでなく、
株式会社AppBankの取締役を務めるなど、実業家としても活躍しているそうです。

動画の内容は、パズドラやモンストといった人気ゲームの実況が多いです。

 

第4位:かんな&あきら

推定年収5,527万8,048円

かんな&あきらは、Kan & Aki’s CHANNELというチャンネルに出演している子供の姉妹です。

わずか9歳と7歳なのにもかかわらず、
Youtubeの広告収入は年間5千万円以上にもなるとされています。
もちろん、それらは本人にではなく、親に支払われているのだと思います。

「親が子供にお金稼ぎをさせている」という批判もありますが、
同年代の子供や親に人気があるのは、れっきとした事実でしょう。

内容は、アンパンのおもちゃで遊ぶなど
玩具の商品レビューが多いです。

 

第5位:ミラクルぐっち

推定年収4,924万361円

ミラクルぐっちは、私ははじめて知りました。
チャンネル登録者数は60万人近くあり、
結構人気がありますね。

動画の内容は、妖怪ウォッチやマインクラフトなどの
ゲーム実況関連が多いです。

 

第6位:セイキン

推定年収2,800万1,180円

セイキンは、ヒカキンの実の兄です。

年収はさすが弟にはかないませんが、
それでも3千万円近くを稼いでいます。

ヒカキン同様、やってみた系の動画が多いです。
特に、歌ってみた系の動画は「歌が上手い!」と評判です。

 

第7位:木下ゆうか

推定年収2,442万7,586円

当ランキングでは唯一の女性ユーチューバーです。
ルックスが可愛いことから男性ファンが多そうですね。

動画の内容は、ひたすら大食いするというもの。

華奢でスリムな容姿からは想像できないほど、
よく食べます!
(昔のギャル曽根を思い出しました笑)

 

第8位:せんももあい

推定年収2,172万402円

せんももあいとは、せんのすけ・ももこ・あいこの三兄弟です。

かんな&あきらと同じく、まだ幼い子供なのに
すごい稼いでいますね。

子供の動画は一定の需要があるのだと思います。

 

第9位:マホト

推定年収2,129万683円

マホトは、Youtuber界有数のイケメンです。

ネタでめちゃくちゃなことをやるので、
はじめしゃちょーと芸風が似ているような気がします。

イケメン×ハチャメチャなネタは、ウケるのかもしれません。

 

第10位:ヒカル

推定年収2,105万4,416円

ヒカルは、妖怪ウォッチなどの
ゲーム実況の動画を多数配信しているYoutuberです。

 

稼げるのは一握りだけ!? ユーチューバーの現実

186

いかがだったでしょうか。

年収をみて「ユーチューバーになりたい!」と思ったかもしれません。

たしかに、ここで挙げた10人は皆、
Youtubeだけで年収2千万円以上を得ています。
それだけ儲かるのなら、自分もやってみたいと思うのは当然です。

 

しかし、Youtubeで稼いでいるのはごく一握りの人たちだけで、
ほとんどの人は稼げていないという現実があります。

華やかなユーチューバーに憧れて挑戦してみたものの、
全く稼げず諦めていく人が大半です。

Youtubeの広告報酬は、動画の再生回数に応じて支払われるのですが、
最近は、1再生回数あたりの報酬単価が下がっており、
以前に比べて稼ぎにくくなっています。

また、Youtubeの動画内容に対する規制も厳しくなっていることから、
少しでも違反するようなことがあれば
チャンネルを削除されてしまうリスクもあります。
そうなれば、すぐに一文無しです。

人気ユーチューバーとして生計を立てるのは、
並大抵のことではないと思います。

 

正直、お金を稼ぐ目的だけなら、
ユーチューバーよりも、アフィリエイトやメルマガによる情報発信の方が
はるかに簡単です。

顔出しする必要もありませんし。