公認会計士の年収の現実! 意外と低い!?

nayamu-otoko-laptop

 

公認会計士といえば、弁護士と並び
高収入の職業として人気が高いです。

私は昔、公認会計士を目指していたことがありますが、
「高収入だから」というのも大きな理由でした。

普通のサラリーマンの新卒であれば、初年度の年収は約230万。
一方、公認会計士の初年度の年収は約600万円だとされています。

新人の給料としてはかなり高い方だと思います。

 

しかし、生涯賃金で考えると、
現実は決して高くないとの声も聞きます。

 

私が公認会計士を目指していた頃聞いた話によれば、
収入については一部上場企業のサラリーマンと同等かやや低いのだそうです。

高給取りになるのは監査法人の幹部クラス(パートナー)に昇進した場合であり、
もし昇進できなかった場合はそこまで給料は高くない、のだとか。

初任給こそ高いが、それから大して給料が伸びない、のだとか。

 

それでも、
普通のサラリーマンに比べれば、年収は高いことには変わりありませんが。

試験の難易度や仕事内容を考えると、
いささかコスパが悪いようにも感じます。

 

公認会計士の試験は、超難関です。

一発で合格することは難しく、
何回も受験してようやく受かることがほとんどです。

私の先輩は、大学卒業後ずっと試験勉強を続け、
30歳でようやく合格していました。

勉強のストレスのせいか、円形脱毛症になっていました。
それくらい猛勉強しなければ受からないということだと思います。

 

また、公認会計士の仕事は、意外と激務です。

30歳でようやく受かった先輩は、
なんとか大手監査法人に就職できたものの、
仕事が大変だと漏らしていました。

決算期ともなると、毎日深夜まで残業をして、
会社に寝泊まりすることも多々あったそうです。
体調不良で点滴を打って、仕事に向かったこともあるのだとか。

 

  • 超難関の試験
  • 意外と激務な仕事内容

これらを鑑みて、
割にあわないと考える人も少なくありません。

 

もちろん、公認会計士の仕事そのものに、やりがいを感じているなら別です。

しかし、純粋に高収入だからという志望動機なら、
もっと別の選択肢を考えた方がいいのかもしれません。

 

PS

私の場合、残念ながら、公認会計士には落ちてしまいましたが、
現在はインターネットから毎月60万円以上を得て生活をしています。

>>私のプロフィール

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】