自分に自信を持つ方法(セルフイメージを書き換える方法)

jisinn

 

あなたは自分に自信がありますか?

 

堂々と「自信がある!」と言える人は少ないと思います。

日本人は、謙虚な人が多いので、
自分に自信がない人が多数派です。

 

では、自分に自信を持つにはどうすればいいのか?というと、
セルフイメージを書き換えるしかありません。

今回は、自分に自信を持つ方法、
もといセルフイメージを書き換える方法についてお話します。

動画はこちら↓↓

セルフイメージとは?

セルフイメージとは、自分が自分をどう思っているか?ということ、
つまり自分に対する自己評価ですね。

セルフイメージが高いということは自分に自信があることであり、
セルフイメージが低いということは自分に自信がないことと一緒
です。

 

セルフイメージが低い状態だと、
「こんな私がお金を受け取っていいのだろうか・・」
「こんな私が幸せになっていいいのだろうか・・」
という思考なので、成功することは難しいです。

成功するためには、セルフイメージを書き換える必要があります。

 

セルフイメージを書き換える方法

では、どうすればセルフイメージを書き換えることができるのでしょうか。

 

具体的な方法の前に、少し話をさせてください。

 

人間には、ミラーニューロンがあります。
ミラーニューロンとは、他人の思考や感情に共感する脳内細胞のことです。

このミラーニューロンのおかげで、
人間は、目の前で起こったことを、鏡のように自分のことだと思う傾向にあります。

いってみれば、周りの影響に左右されやすいのです。

 

いつもよく会う人5人の平均年収が自分の年収とほぼ一致している
といわれています。
これは、周りと同じような思考・行動をとった結果からです。

 

なので、セルフイメージを変えるには、付き合う人間を変えるしかありません。

具体的には、
理想の現実をもっている人間と接する時間を増やして、
そうでない人間と接する時間を減らす
ようにします。

 

あなたの理想が年収3000万円であれば、
年収3000万円以上の人と会う機会を増やします。
反対に、仕事の愚痴を並べるだけの飲み会には行かないようにします。

そうすれば、自然とセルフイメージが変わります。

 

もし周りに理想の人がいないのであれば、
本や教材を読むだけでも構いません。

自分が尊敬している人の本を読むことで、
その人の思考をインプットできます。
(間接的に接しているわけです。)

 

 

セルフイメージを書き換える方法は、
自分の理想像を紙に書く、毎日鏡の中の自分に向かって語りかける・・など
たくさんあります。

しかし、私の経験から、
人間関係を変えるというのが最も強力な方法だと思っています。

 

もし自分に自信がなくてセルフイメージを高めたい人は、
チャレンジしてみてください。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】