トリミングソフトSkitchのダウンロードと使い方

hasami

 

アフィリエイトの作業をやっていると、
画像をキャプチャする機会があります。

さすがにスマホでPCの画面を撮影するわけにいかないので、
専用のツールを使うことになります。

 

画像キャプチャ&トリミングソフトとして
最もおすすめなのがSkitch(スキッチ)です。

Skitchは、スクリーン画像を切り取ることはもちろん、
切り取った画像をその場で加工できます。

文字を入れたり、矢印を入れたり、
囲み線を入れたり、モザイクを入れたり、
と多機能です。

 

今回は、Skitchのダウンロード方法と
基本的な使い方について解説します。

Skitchのダウンロード

Skitchの公式サイトに行きます。

※2016年1月をもって、Skitchのダウンロードは終了しました。
代替ツールとしてWindows付属のSnipping Toolをおすすめします。

 

「WINDOWS版ダウンロード」をクリック。

Skitch1

 

ダウンロードファイルを開きます。

Skitch2

 

セットアップをおこないます。
「次へ」をクリック。

Skitch3

 

「同意します」にチェックを入れて、
「次へ」をクリックします。

Skitch4

 

「次へ」をクリックします。

Skitch5

 

「次へ」をクリック。

Skitch6

 

インストールがはじまります。

Skitch7

 

完了したら、「終了」をクリックします。

Skitch8

これでSkitchが使えます!

 

Skitchの基本的な使い方

では、Skitchの基本的な使い方です。

まずはパソコンの画面を
キャプチャする操作を説明します。

 

画像キャプチャ

Skitchの操作画面の上にあり
「画面キャプチャ」をクリックします。
(※ショートカットキーCtrl+Shift+5でも実行できます。)

Skitch9

 

画面が薄暗くなります。

左クリックしながら切り抜きたい箇所を選択して、
マウスを離せばキャプチャできます。
(※全画面をキャプチャしたい場合は、画面をクリックするだけOKです。)

Skitch10

 

画像加工

続いて、キャプチャした画像を加工します。

 

囲い線をつける

囲い線をつける時は、左側のバーにある
□マークの中から、好きな囲い線を選びます。

Skitch12

 

あとは、左クリックで、囲みたい部分を選択すれば、
囲い線がつきます。

Skitch13

 

矢印をいれる

矢印を入れる際は、
左側のバーの←マークをクリックします。

左クリックしたまま、
カーソルをぐっと引っ張ります。

マウスを離すと、矢印が入ります。

Skitch15

 

文字をいれる

文字を入れる場合は、左側のバーにある
「a」というところをクリックします。

場所を指定して、文字を入力します。

すると、以下のように文字が入ります。

Skitch16

 

モザイクをいれる

モザイクを入れたい場合は、
左側のバーにあるモザイクマークをクリックします。

左クリックで、モザイクを入れたい箇所を選択します。

すると、以下のようにモザイクがかかります。

Skitch17

 

トリミングする

画像をトリミングする時は、
左下にある「」マークをクリックします。

すると、トリミング画面になります。

Skitch18

トリミング範囲を決めて「適用」をクリックすると、
トリミングが完了します。

 

画像の保存

画像を保存する時は、
右上の「Skitch → 画像として保存」をクリックします。
(※ショートカットキーCtrl+Shift+Sでも実行できます。)

Skitch19

 

無事に画像を保存しました!

Skitch20

 

 

いかがだったでしょうか。

Skitchは、画面キャプチャして
その場で加工できる優れたソフトです。

ぜひ活用してみてください。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】