テキストエディタTeraPadのダウンロードと使い方

writing

 

TeraPad(テラパッド)は、高性能なテキストエディタです。

テキストエディタというと難しく聞こえますが、
いってみればメモ帳みたいなものだと思ってください。

Windowsにも標準装備でメモ帳がありますが、
あまり使い勝手がよくありません。

TeraPadの方がはるかに便利です。
ちょっとしたメモからメルマガ執筆、htmlタグの編集まで、
何でもござれ!です。

 

今回は、テキストエディタTeraPadのダウンロード方法と使い方を
解説します。

※2016年3月現在、Windows10には対応していません。

 

TeraPadのダウンロード

TeraPad公式サイトへ行きます。

TeraPadダウンロードページはこちら

 

terapad1

ダウンロードURLは複数ありますが、
迷ったら一番上の「インストーラ付き」を選べばいいでしょう。

 

クリックすると「tpad109.exe」というのが
ダウンロードされるので、クリック。

terapad2

 

あとは、簡単です。

「次へ」を連続でクリックしていってください。
細かい設定をする必要はありません。

 

terapad3

terapad4

terapad5

terapad6

terapad7

 

これでインストール完了です!

 

「Readme.txt」という説明書が
表示されます。

terapad8

 

デスクトップにはショーカットが表示されているので、
クリックして早速使ってみましょう。

terapad9

 

TeraPadの使い方

TeraPadの基本的な使い方を説明します。

 

terapad10

 

名前を付けて保存

名前を付けて保存するには、
左上の保存ボタン、もしくは
「ファイル→名前を付けて保存」をクリックします。

 

すると、ファイルを保存する先のフォルダを選択する画面が現れます。

terapad11

フォルダを選択したら、
名前をつけてファイルを保存します。

ファイルの種類はデフォルトでは、
テキストファイル(.txt)になっています。

 

文章を自動で折り返す

ブログやメルマガを書いている時、
あまりにも1行が長いと読みにくいので、
適度な文字数で改行をしなければいけません。

TeraPadではあらかじめ文字数を指定しておけば、
自動的に折り返してくれる機能があります。

 

「表示→オプション」をクリック。

すると、以下のダイアルボックスが現れます。

terapad12

 

「縦線を表示」にチェックを入れ、
折り返す桁数を指定します。
(ブログ・メルマガであれば70文字くらいがいいでしょう。)

「OK」をクリック。

 

自動で折り返してくれるようになります。

terapad13

 

ただし、注意しないといけないのが、
見た目は折り返しになっていますが、
実際にはまだ改行はおこなわれていません。

文章を書いたら、最後に改行する作業が必要です。

 

「Ctrl+A」で文章全体を選択します。

次に、右クリックで
「変換 → 折り返しへ改行挿入」を選択。

terapad14

これで改行が完了しました!

 

 

いかがだったでしょうか。

他にも細かい設定をすることもできますが、
プログラミングならともかく、
ネットビジネスで使う分には
特に高度な設定はいらないです。

 

メモ帳をTeraPadにするだけで
作業がかなりはかどるんで、
ぜひとも活用してください。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】