モバイルフレンドリーとは? スマホ向けSEO対策

 

ひと昔前は、インターネットはパソコンでするものでした。

しかし、最近ではパソコンよりも
スマホでネットをする人が多いです。

現に、私の運営しているサイトのほとんどは、
パソコンよりもスマホで閲覧されています。

 

今回は、スマホ時代のSEO対策「モバイルフレンドリー」についてです。

 

モバイルフレンドリーとは

モバイルフレンドリーとは、
サイトがスマホ向けに表示が最適化されていることを指します。

モバイルフレンドリーなサイトとは、
スマホで見る時に指で拡大する必要がないサイト、
つまりスマホ対応しているサイトのことですね。

 

スマホ対応をしていないサイトは、
文字が小さくて読みづらいうえに、
間違ったボタンをクリックしてしまうなど不便です。

そこで、グーグルは、
スマホ対応していないサイトの順位を下げるようにしたのです。

 

スマホ対応していないサイトは、
スマホの検索順位が下がる
仕組みになっています。

サイトをモバイルフレンドリーにしていなければ、
スマホユーザーを大きく取りこぼす事態になるので、
早急に対策が必要です。

 

スマホ対応しているかを確認する方法

自分のサイトがモバイルフレンドリーになっているか?
は、以下のサイトで確認できます。

モバイルフレンドリーテスト

 

サイトURLを入力して「分析」をクリック。

mobile-friendly1

 

モバイルフレンドリーであれば以下の表示が出ます。

mobile-friendly2

 

モバイルフレンドリーでなければ以下の表示が出ます。

mobile-friendly3

 

サイトをモバイルフレンドリーにする方法

サイトをモバイルフレンドリーにする方法は、
いくつかあります。

 

レスポンシブ化する(共通)

ワードプレス・htmlサイトに共通してできる対策が、
レスポンシブ化することです。

レスポンシブとは、デバイスごとに最適化した表示をする仕様のことです。

パソコンで見た時はパソコンの画面で見やすいように、
タブレットで見た時はタブレットの画面で見やすいように、
スマホで見た時はスマホの画面で見やすいように、
自動的に最適化されます。

 

ワードプレスであれば、
テーマをレスポンシブのものに変える
だけで
一発でモバイルフレンドリー化できます。

簡単です。

参考:ワードプレス無料テーマ テンプレートおすすめ一覧

 

しかし、htmlサイトだと、
専門知識がないと、少々難しいかもしれません。

私は、過去に作ったhtmlサイトを
レスポンシブ化する作業を、
ウェブデザインに詳しい友人にお願いしました。

周りにお願いできる人がいなければ、
サイトをレスポンシブ化してくれる
専門業者に依頼するのがいいでしょう。

 

プラグインを入れる(ワードプレス)

ワードプレスでは、テーマをレスポンシブに変える以外にも方法があります。

それは、WPTouch MobilePluginというプラグインを使うことです。

WPTouch MobilePluginを入れれば、
レスポンシブテンプレートでなくても、
スマホ対応にすることができます。

 

やり方は簡単で、プラグインをインストールして有効化するだけです。

参考:WordPressプラグインの追加方法と有効化

 

ただし、パソコンで見た時と、大きく外観が変わってしまうため、
あまりおすすめしません。

やはり、テーマをレスポンシブに変更するのがいいです。

 

スマホサイトを別に作る(SIRIUS)

モバイルフレンドリーにするには、
スマホサイトを別に作ることでも対応できます。

 

ホームページビルダーやSIRIUSといったサイト作成ソフトには、
スマホサイト自動生成機能が付いています。

この機能を使えば、自動的にスマホサイトを作ってくれます。

(ただし、SIRIUSの場合、通常版はスマホサイト自動生成機能はありません。
SIRIUSを購入する場合は、必ず上位版を選ぶようにしてください。)

 

 

以上が、モバイルフレンドリー対策についてでした。

今や、パソコンよりもスマホでネットする人が多いので、
サイトをスマホ対応することは、
SEO対策に限らず重要なことです。

今回の記事を参考にぜひ対策をしてみてください。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】