SEO対策 h1 h2 h3 タグの記述方法と文字数

seo-h-tag

 

h1 h2 h3 タグとは、要するに見出しのことです。

見出しを付けることで、文章がグッと読みやすくなるので、
ぜひ活用してもらいたいのですが、
記述の仕方には気をつけてください。

間違った記述をすると、SEOで不利になります。

 

今回は、h1 h2 h3 タグの記述方法を
実演して解説した動画を撮りました。

ぜひ参考にしてください。

h1 h2 h3 タグの記述

h1 h2 h3 タグは、

h1(大見出し) > h2(中見出し)  > h3(小見出し)

というように数字が小さい順で、
見出しが大きくなっています。

気をつけてほしいのが、タグの順序です。

 

たとえば、以下のような記述方法は間違いです。

×

[h1タグ]
  
  [h3タグ]
     
     [h2タグ]

     [h2タグ]

  [h3タグ]

     [h2タグ]

     [h2タグ]

よく見るとわかるのですが、
h3タグの下にh2タグがあります。

これは順序が正しくありません。

 

正しくは以下です。

[h1タグ]
  
  [h2タグ]
     
     [h3タグ]

     [h3タグ]

  [h2タグ]

     [h3タグ]

     [h3タグ]

h1  > h2 > h3というように、
綺麗な階層構造になっていることがわかるかと思います。

この順序がばらばらだと、
SEO的によくありません。

くれぐれも見出しの順序に気をつけてください。

 

見出しの文字数は?

見出しの文字数は、特に制限はありません。

しかし、常識の範囲内で記述するのが良いでしょう。

そもそも見出しとは、読者がパッと目につくフレーズですから、
やたら長いと読みづらい文章になります。

何文字がいいか?よりも、
いかに読者を文章に惹きつけるか?を意識して書くのがいいと思います。

 

(補足)h1タグとtitleタグの違い

h1タグとtitleタグは、どちらも記事のタイトルとして使われます。

しかし、厳密に言えば役割は違います。

h1タグは、サイトに滞在している人に向けたタイトル、
titleタグは、検索ユーザーに向けたタイトルです。

よって、h1タグとtitleタグのタイトルは別々に付けるのが理想ですが、
私としては面倒なので重複させています。

ワードプレスはデフォルトでは、
h1タグとtitleタグは同じになる設定になっていますが、
特にSEO的には問題ありません。

 

 

以上、見出しタグの記述方法でした。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】