物販アフィリエイトと情報商材アフィリエイトどっちがいい?

buppann-shozai

 

アフィリエイトで扱う商品は大きく分けて、
物販と情報商材の2種類があります。

それぞれ一長一短あり、
どちらに参入するべきか悩むところでしょう。

今回は、物販アフィリエイトと情報商材アフィリエイトの両方をやっている私が、
それぞれの特徴を説明したうえで、どちらがいいか?お伝えします。

解説動画はこちら↓↓

 

物販アフィリエイト

物販アフィリエイトとは、
化粧品・健康食品・家電といった”モノ”や、
求人サイト・レンタルサーバー・脱毛エステといった”サービス”を扱うアフィリエイトです。

 

物販アフィリエイトのメリット

  • 市場規模が大きい
  • 情報商材に比べて購入率が高い

まず、物販アフィリエイトは、
情報商材に比べて、市場規模が大きいといえます。

たとえば、物販アフィリエイトの人気ジャンル、
化粧品とオンライン英会話の市場規模はというと、
化粧品の市場規模・・・2兆3,200億円、
語学学習の市場規模・・・8,259億円。
(2014年矢野経済研究所発表)

対して、情報商材大手のインフォトップの年間売上高は19億円。

単純な比較はできませんが、
いかに物販アフィリエイトの市場がデカいか想像がつくと思います。

市場が大きいということは、
それだけお金を払う見込み客が多いという意味であり、
大きな額を稼げる可能性を秘めています。

 

また、物販は、情報商材に比べて社会的信用度が高く、
購入率が高い傾向にあります。

 

物販アフィリエイトのデメリット

  • 情報商材に比べて報酬単価が低め
  • キャンセルされることがある

一方、デメリットは報酬単価が低めであることです。

物販アフィリエイトの場合、1件あたりのアフィリエイト報酬は
情報商材に比べて低いです。
商品によってバラつきはありますが、
報酬率はだいたい商品代金の1%~15%といったところでしょうか。

情報商材の報酬率が50%前後であることを考えると、
かなり低いといえます。

(※もちろん、物販アフィリエイトでも高額案件は多数あります。
あくまで情報商材と比較した時の話です。)

 

また、物販アフィリエイトの場合、
広告主側の都合で報酬をキャンセルされることがしばしばあります。
主なキャンセル理由は返品ですが、
たまに意図的に報酬をキャンセルしている悪質なケースもあります。
このようなことも大きなデメリットです。

 

情報商材アフィリエイト

情報商材とは、簡単にいえば、
電子書籍やオンラインビデオといった電子コンテンツのことです。

 

情報商材アフィリエイトのメリット

  • 報酬単価が高い
  • キャンセルがない

情報商材アフィリエイトのメリットは、
何と言っても、報酬単価が高いことでしょう。
報酬率は、商品代金の50%前後です。

たとえば、2万円の情報商材であれば、1万円の報酬です。
1カ月20人に売れば、月収20万円を軽く達成してしまいます。
これが情報商材アフィリエイトの醍醐味でしょう。

また、物販アフィリエイトと違って、
報酬のキャンセルがないこともメリットです。

 

情報商材アフィリエイトのデメリット

  • 購入率が低い
  • ライバルが多い

一方、デメリットは購入率が低いことです。

世間ではいまだに「情報商材は怪しい」と思っている人が多く、
紹介をしたとしてもなかなか購入してくれません。

購入してもらうには、高度なコピーライティング力(文章力)が必要です。

さらに、情報商材アフィリエイトは市場規模が小さい割にライバルが多く、
狭いパイの奪い合いになります。

はっきり言って、初心者には敷居が高いです。

 

どちらがいいのか?

私は、物販・情報商材の両方に参入しており、
それなりに成果をあげています。

どちらが稼ぎやすいか?という質問に対しては、
どちらもメリット・デメリットがあるので一概には言えません。

しかし、初心者であれば、
私は物販アフィリエイトの方をおすすめします。

物販アフィリエイトは、取り扱っている商品も豊富にあり、かつ
購入率が高いからです。

 

たしかに情報商材の方が報酬単価は高いのですが、
その分、難易度も高いです。

これからアフィリエイトに取り組むのであれば、
比較的難易度の低い物販アフィリエイトから始めるのが無難でしょう。

まずは物販で小さく実績を積み重ね、
実力がついたら情報商材アフィリエイトに挑戦するのが、
初心者にとって挫折しない道のりだと思います。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】