Google XML Sitemapsの設定・使い方

100

サイトを作成したら、XML Sitemapというものを作る必要があります。

XML Sitemapとは、簡単に言えば、検索エンジン用のサイトマップのことです。

XML Sitemapを生成しておくことで、
検索エンジンにしっかり自分のサイトを認識してもらうことができます。

 

今回は、XML Sitemap生成のためのプラグイン「Google XML Sitemaps」の
設定方法を解説します。

 

Google XML Sitemapsの設定方法

Google XML Sitemapsをインストールしたら、
「設定」の「XML Sitemaps」をクリック。

xml1

 

デフォルトのままでも良いですが、
できれば細かい設定をしておきましょう。

「投稿の優先順位」の「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れます。

xml2

 

次に、「Sitemapコンテンツ」の設定をします。

「固定ページを含める」のチェックを外し、
「カテゴリーページを含める」にチェックを入れてください。

xml3

 

次に、「更新頻度の設定」をします。

固定ページ・今月のアーカイブ・タグページ・投稿者ページを
「更新なし」にしてください。

xml4

 

最後は、「優先順位の設定」です。

ホームページ・投稿・投稿優先度の最小値・カテゴリー別を0.8にします。
それら以外は全て0.0にします。

xml5

 

あとは、画面一番下の「設定を更新」をクリックして完了です!

all-in-one-seo6

 

面倒であれば、今回の設定は省略して、
Google XML Sitemapsをインストールして有効化しておくだけでもOKです。

いずれにせよ、必ずXML Sitemapは作成するようにしてくださいね。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】