All In One SEO Packの設定と使い方

145

SEO対策を考えるうえで、
All In One SEO Packは必須のプラグインです。

All In One SEO Packがあれば、
メタディスクリプションを設定できたり、
個別に記事をno indexにすることができます。

 

今回は、All In One SEO Packの使い方の解説です。

 

All In One SEO Packの初期設定

All In One SEO Packをインストールした後に
おこうなう初期設定です。

 

ワードプレス画面左側にある
「All In One SEO」の「General Settings」をクリック。

all-in-one-seo1

 

「Home Page Settings」の設定をおこないます。

all-in-one-seo2

「ホームタイトル」にはサイトタイトルを、
「ホーム詳細」にはサイトの説明文を入れます。
(「ホームキーワード」は任意。)

 

次に、「Keyword Settings」の設定をおこないます。

all-in-one-seo3

「メタキーワードとしてタグを使う」と
「Dynamically Generate Keywords for Posts Page/Archives」のチェックを外します。

 

次に、「Titlle Settings」の「タイトルを書き換える」のところを
利用停止に変更します。

all-in-one-seo4

 

次に、「Noindex Settings」の設定をおこないます。

all-in-one-seo5

「カテゴリをnoindexにする」のチェックを外し、
「タグをnoindexにする」にチェックを入れます。

 

以上で終わりです。

ページ一番下の「設定を更新」をクリックして完了です。

all-in-one-seo6

 

All In One SEO Packの使い方

続いて、記事単位でSEO対策を施す時の
All In One SEO Packの使い方です。

ワードプレス投稿画面の下に
以下のような欄があります。

all-in-one-seo7

「Title」は記事タイトルと同じにします。
「Keywords」は任意です。

 

メタディスクリプションの設定

メタディスクリプションは検索結果に表示されるので、
できれば入力した方がいいですね。

最大120文字以内で、記事の内容についての説明文を書きます。
(文中にSEOキーワードを入れます。)

 

入力が終わったら「Preview Snippet」というところで、
検索結果にどのように反映されるか?をプレビューできます。

 

NO INDEXの設定

記事を検索結果に表示したくない場合は、
NO INDEXの設定をおこないます。
(通常は、何も設定しなくて結構です。)

やり方は簡単で、
「Robots Meta NOIDEX」にチェックを入れるだけです。

 

お問い合わせページや、内容が重複しているページには、
NOIDEXを入れておきましょう。

 

 

以上がAll In One SEO Packの使い方でした。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】