図解 人間の欲求の種類「マズローの欲求5段階説」とは?

stairs

 

あなたは自分自身の欲求を理解していますか?

自分が何を求めているのか、意外とわからない人が
多いと思います。

今回は、人間の欲求を理解するうえで欠かせない
「マズローの欲求5段階説」について説明します。

動画講義はこちらをクリック↓↓

 

マズローの欲求5段階説とは?

マズローの欲求5段階説とは、アメリカの心理学者であるアブラハム・マズローが、
人間の欲求の種類を5段階の階層で体系化したものです。

5段階の欲求とは、すなわち

  • 生理的欲求
  • 安全欲求
  • 親和欲求
  • 承認欲求
  • 自己実現欲求

です。

図で表すと、こうなります↓

mazuro-

生理的欲求とは、食欲や睡眠欲といった
生きていくためには必要な欲求のことです。
人間であれば誰しもが持っています。

この生理的欲求を満たすと、次に
安全欲求がきます。

 

安全欲求とは、安全に暮らしたい欲求のことです。
いくら一時的に食欲や睡眠欲が満たされたとしても、
明日の生活がどうなるかわからないようでは、
幸せじゃないですよね。

この安全欲求が満たされると、次に
親和欲求がきます。

 

親和欲求とは、別称・所属と愛の欲求とも呼ばれています。
すなわち、仲間が欲しい欲求のことです。

いくら安全な暮らしができたとしても、1人ぼっちじゃ寂しいですよね!?
恋人や友人を求めると思います。

この親和欲求が満たされると、次に
承認欲求がきます。

 

承認欲求とは、文字通り、
人に認められたい欲求のことです。
仲間ができると、仲間の中で
特別な存在だと認められたいと思うでしょう。

そして、この承認欲求が満たされると、次に
自己実現欲求がきます。

 

自己実現欲求とは、自分の能力を高めたい・試したいといった欲求です。
いいかえれば、自分で自分の存在価値を証明したいということですね。

マズローは、人間の欲求は最終的には、
自己実現欲求に行きつく
と主張しています。

 

マズローの欲求5段階説の具体例

マズローの欲求5段階説にかかれば、
あらゆる人間の欲求を説明できてしまいます。

例を2つ挙げましょう。

 

仕事をする理由

あなたは何のために仕事をするのでしょうか?

 

おそらく多くの人の回答は
「働かなくては生活していけないから」だと思います。
つまり、安全欲求を満たすためです。

あるいは、人によっては、
仕事ができる人だと周りから認められたいから、
頑張って働く人もいるでしょう。
つまり、承認欲求のためです。

 

しかし、このような安全欲求や承認欲求だけで
働くと、いずれ仕事にやりがいを見いだせなくなることがあります。

もちろん、最初は安全欲求や承認欲求を原動力に
バリバリ働くのもありですが、
最終的には自己実現のために働く方が長続きします。

 

顧客心理の理解

また、マズローの欲求5段階説は、顧客心理を理解するうえでも
非常に役に立ちます。

顧客は何を求めているかがわかれば、
どのようにセールスを仕掛ければいいかが見えてくるからです。

 

5種類の欲求のうち、最もモノを売りやすいのが
生理的欲求をもったお客さんです。
いわゆる「砂漠で水を売る」のと同じだからですね。

反対に、最もモノを売るのが難しいのが、
自己実現欲求をかなえたいお客さんです。
自己実現欲求の形は、人それぞれ違うので、
商品化が難しいからです。

 

このような顧客の欲求段階を分析することが、
マーケティングとコピーライティングでは重要になります。

参考:コピーライティング「OATHの法則」とは?

 

 

以上のように、
マズローの欲求5段階説は、自己分析やビジネスの現場で
非常に有用な理論です。

ぜひ理解しておきましょう。

 

【ヨースケ公式メルマガ 登録フォーム】